2011年11月22日

■■小雪 【今日は何の日】(日記) 11月22日(火)

■■小雪 【今日は何の日】(日記) 11月22日(火)

■ 小雪

 11月22日は、「小雪」です。「こゆき」でも、女優の小雪さんでもなく、二十四節気の一つである「小雪(しょうせつ)」です。

 この頃は、雪がちらつきはじめる季節の到来を告げてくれます。南国では、ナツミカンが実る頃と言われています。

Wikipedia

 小雪(しょうせつ)は、二十四節気の第20。十月中(通常旧暦10月内)。

 現在広まっている定気法では太陽黄経が240度のときで1122日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から11/12年(約334.81日)後で1121日ごろ。

 期間としての意味もあり、この日から、次の節気の大雪前日までである。

 西洋占星術では、小雪を人馬宮(いて座)の始まりとする。

二十四節気の一つ。太陽暦で十一月二十二日ころ。雪がちらつき始めるが、それほ

ど雪の量が多くないことから、小雪と呼ばれる。

 われわれ経営コンサルタントは、経営を診るときに季節指数を忘れずに勘案して企業の数値を見ます。季節指数は企業により異なることはよく知られていますが、季節指数と月次計画値との関連がよく解っていない中小企業もあります。

 年度計画値を単に12で割り算して、今月の計画に対して達成率は120%であったなどと喜んでいてはなりませんね。




同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。