2011年12月01日

■■【独立起業・転職支援】 起業準備としての商圏調査を行う

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう 起業準備としての商圏調査を行う

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。

■起業準備としての商圏調査を行う 

 起業に当たって、自分の対象業種の商圏について知るにはどうしたらよいのでしょうか?そのためには、商圏調査という方法があります。

 商圏調査を行うためには、自店の商圏を確定させることが必要です。一般的には、「最寄り品(日常的に高頻度で購入される商品。野菜・魚・肉・日用雑貨品など )の商圏は、自店を中心とした半径500メートル、買い回り品(その商品を買うために複数の店を見てまわり、価格、スペック、デザインなどを比較して決める商品。家具や電化製品など)では半径1000メートル程度の円形」といった考え方があります。ここでは商圏調査の方法をご紹介します。

 ◇ 商圏の想定

 ◇ 世帯数の調査

 ◇ 商品の消費額の調査

 ◇ 市場規模の計算

 ◇ 競合店の営業状況の把握

 ◇ 競合店とのシェア配分の考え方

 ◇ 通行客を調査する

 ◇ 顧客(潜在顧客)のセグメンテーション

 ◇ 商圏を歩いて調査する

 ◇ 適切な売上計画を立案する

 ◇ 競合店の長所を取り入れる

 ◇ 商圏にあった商売

詳細 J-NET21

■■ 小説 経営コンサルタント竹根好助の先見思考経営 クリック

 経営コンサルタントはどのように企業支援をするのか、とどのように付き合ったら良いのか、小説を通して擬似体験して下さい。




同じカテゴリー(独立起業支援)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。