2011年12月03日

■■小汀利得氏誕生日に思う【今日は何の日】(日記)12月3日

■■小汀利得氏誕生日に思う 【今日は何の日】(日記) 12月3日(土)

■ 小汀利得(おばまとしえ)氏誕生日

 TBSテレビの座談会番組で「時事放談」という番組があり、そこでの人気レギュラー出演者でした。1970年代前半に他界された人ですが、歯切れの良い小汀節で政府や官僚を「無能官僚」とか「木っ端役人ども」と、歯に衣着せぬ毒舌は小気味よく聞こえてきました。

 おなまえは利得で、「としえ」と音だけでは女性名と間違えられることから、視聴者からは「りとく」と呼ばれていました。

 小汀氏は、日本語に対する厳しさでも名前を知られています。過った日本語の言葉を追認するような国語審議会に反駁、私費で国語問題協議会を結成するなど、気骨あるところを見せた方です。

 もし、小汀氏がご健在で、オバマ大統領に会ったら、どのようなことを言うのでしょうか?

 「お前はノーベル平和賞などを受賞したけど、やっていることは小汀家の名折れだ。直ちに返還すべし!!」

■ みかんの日

 「いいみっか(3日)ん」の語呂合せで、113日と123日を「みかんの日」として全国果実生産出荷安定協議会と農林水産省が制定しました。

 みかんは、ミカン科ミカン亜科(ミカン属、キンカン属、カラタチ属など)に属する植物の総称。柑橘類。(【Wikipedia】)

 日本を代表する果物です。

 サラリーマン時代に、カナダから重要なお客様が毎年来ていました。果物好きで、昼食は千疋屋から取り寄せた果物バスケットが饗されました。それがどのくらいの値段だったのかは知りませんが、当時の私の給与の10~20%位に相当したのではないでしょうか。

 日本のみかんは好きか?と問うたところ、口ごもりました。オレンジを食べ慣れている彼らには、温州みかんはさっぱりとしすぎているから、「もの足りない」とは言えなかったのでしょう。

 私の子供の頃には、「みかん釣り」とうゲームがありました。木綿針に糸を通して、それをみかんめがけて投げつけるのです。刺さった針について糸をたぐって土俵の外に出すとそのみかんが自分のものになります。

 正月に主に行う家族団らんのゲームで、こたつに入ってみかんや殻付き落花生(ピーナッツというのはバターピーナッツをわが家では指しました)を食べた記憶が子供の頃の正月の思い出として印象深いです。

■■ 経営コンサルタント起業チューター講座 ←クリック

 これから経営コンサルタントとして独立起業しようという方向けに、短期間に資格取得ができるサービスを提供しています。




同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。