2011年12月16日

■■コンサルタントの素質【連載】竹根好助の先見思考経営158

■■コンサルタントの素質 【連載小説】経営コンサルタント竹根好助の「先見思考経営」 No.158

 昼は休みに読むブログ連載小説です。経営コンサルタントとどのようにつきあうと経営者・管理職として、プロ士業として一歩上を目指せるのか、小説を通じて体感してください。

【本書の読み方】 脚注参照

■13 初めてのイベント 14 通算158回 コンサルタントの素質

 小さな印刷会社ラッキーでは、荒れた取締役会であったが、五カ年計画が何とか可決された。

 プリダ軽オフセットを使ったプリントショップビジネスの新事業への取り組みが決まったものの、それを誰が担当するかが問題となった。なんと営業部長の息子であるまだ若い係長が抜擢されなど、人事面でも思いもよらない方向ではあるが、いよいよ五カ年計画がスタートした。

 幸は、荒れた役員会の思い出から、我に返ると、そこはまだ靖国神社の茶室であった。三代目になるであろう長男の育猛のことが気になって仕方のない幸である。

 竹根と話をしているうちに、幸は再び1980年代の竹根に顧問を依頼した頃に思考が戻った。

 五カ年計画のプリントショップビジネスの第一弾として、福田商事とラッキーの共催でセミナーを開催し、ビジネス紹介のでも現場も見られるようにした。これがヒットした。しかし新たな問題として、顧客のニーズにラッキーの体制が整わないことが予想された。

 その対策会議は遅々として進まない。サービス内容と料金面でも、問題がある。

 そんなところに竹根事務所から担当の、印刷業界のコンサルティング経験が豊な荻野が登場し、停滞していたミーティングにカツが入った。

 しかし、意見が大松田と刷増の間を激しく行き来した。

【回想2 1980年代】 

「お客は、版下作りに自信がないのだから、そのヒントを出せばいいんだ。他社がやらないような差別化を図れば良いんだね。版下作りの勉強会を開く、社長、こんなのはどうでしょうか」

「大松田部長、それはいけそうですね。先生どうでしょうか」

 荻野は、うれしそうに笑って、拍手をした。

「お二人の頭は、まだまだ柔軟です。私が事前に考えていたことと同じ案を、お二人は考え出してくれたのです」

「先生、俺たちはコンサルタントの素質がありますか?」

 幸が、「二人で一人だけどね」と言葉を挟むと、笑いの中に、皆が力を合わせることにより、道が拓けることを実感した。

「ところで、少々、本論からは脱線しますが、うちの竹根はマーケティングが専門ということもあり、差別化ということは耳にたこができるほど私は指導を受けてきました。でも最近は、この言葉は差別を意味することに繋がるので、ニュアンス的に問題があるから『差異化』とか『特異化』という言葉を使うようにしようとアドバイスをしてくれます。気をつけていただけますか」

「世間では、差別化という言葉が使われているので、私も気にしませんでしたが、確かに『差別用語』などという表現もあり、問題がありますね。これからは気をつけます」

 落ちが付いたところで、会議は解散となった。

< 次回に続く お楽しみに >

■■ 脚注

 本書は、現代情景と階層部分を並行して話が展開する新しい試みをしています。読みづらい部分もあろうかと思いますので、現代情景部分については【現代】と、また過去の回想シーンについては【回想】と表記します。回想シーンも、回想1は1970年代前半にはじめて幸が竹根に会ったときと、回想2は、その十数年後、二度目にあったときの二つの時間帯があります。

■■ これまでのあらすじ PC←クリック

■■ これまでのあらすじ mobile ←クリック

■■ ブログポリシー  ←クリック

■■ 経営コンサルタントのブログの読み方 ←クリック

 ブログというのは漫然と読むのでは記憶に残ったり、感動したりして行動に繋がることが少ないでしょう。どのような考え方でブログを書いているのかをご紹介しています。




同じカテゴリー(連載経営コンサルタント小説)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。