2012年01月05日

■■【独立起業・転職支援】<キャッシュフロー経営の基本>

■■【独立起業・転職支援】 これだけは知っておこう <キャッシュフロー経営の基本>

 起業をするまでは、夢の実現に向けて、日々が充実していることでしょう。独立起業というのは、独立起業をしたときが企業経営のスタート地点です。独立起業間での手順には心血を注いでも、それから先の経営実務についてはおろそかな起業家が多いのが現実です。

 経営はどのように進めたらよいのでしょうか。それについてポイントを抑えてから、各種の書籍を読んだり、セミナーを聴講したりすると理解度が深まります。経営の基本中の基本をご紹介しますので、その後の実務直結の知識はそれぞれの方法で修得してください。

■ キャッシュフロー経営の基本

 キャッシュフロー経営とは、企業の生み出す資金に着目して、そのコントロールを重視する経営管理手法です。

•「勘定あって銭足らず」の経営にならないよう心がける

•現代会計は、「発生主義」といって、資金の出入りと関係なく会計処理されていることに注意する。

•利益と資金の増減額の乖離要因で、もっとも代表的な科目は、「減価償却費」である。

•資金を管理する計算書は、いくつかあり、それらの特長をとらえて作成する。

◇ 会計原則 - 発生主義と現金主義

◇ 減価償却

◇ 資金管理計算書の種類とその内容

<続きおよび詳細 J-NET21

■■ しりとく経営情報 クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません




同じカテゴリー(独立起業支援)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。