2012年02月15日

■■日銀のインフレ誘導 【経営のカンどころ】2月15日(水)

■■日銀のインフレ誘導 【経営のカンどころ】 2月15日(水)

【今日の視点】  

 アメリカの1月度小売業売上高が、マイナスにはならないまでも、市場の予想を下回りやっと0.4%増に留まりました。景気回復のけん引役として期待されている個人消費がこの状態で、再策運営に厳しさが増しています。

 日本でも一向にデフレ脱却ができないと言うことで、日銀は、1%の消費者物価上昇を目指すという、異例ともいえる目標値設定をしました。

 インフレは、年金生活者に影響が出るので、行き過ぎがないように日銀や政府の舵取りを強くお願いします。

【政府/日銀等】

・日銀:2月度金融経済月報

【海外】

・アメリカ:連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨、1月度鉱工業生産・設備稼働率、2月度住宅建設業協会住宅市場指数

・EU:10~12月期GDP速報、ユーロ圏財務相会合

・ドイツ:10~12月期GDP速報

・フランス:10~12月期GDP速報

【今日は何の日】 兼好忌

  今日は何の日 ←クリック  

  今日は何の日トップページ ←クリック

■■ 経営コンサルタントへの道  ←クリック

 Googleで「経営コンサルタント」をキーワードで検索すると、「経営コンサルタントへの道」がトップページ表示されます。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。