2012年02月16日

【独り言】 経営コンサルタントへのアドバイス 眠る知財

【独り言】 経営コンサルタントへのアドバイス 眠る知財の揺り起こし

 読売新聞に「もみ殻で高性能活性炭」という記事を見ました。もみ殻を炭化して特殊加工をすると従来の活性炭より2.5倍の表面積を持つことになり、吸着力が格段と高まるそうです。長岡技術科学大学の研究で、これを利用することにより、蓄電装置の電極材料として有望だそうです。

 基礎技術というのは、実用化にすぐ結びつかないことが多いですね。どのような技術にしろ、早く実用化されて欲しい技術がたくさんありますね。科学技術立国として日本が活きて行くためには、変な“仕訳(仕分け)”をやめたり、ムダな経費を削減したりしてないで、もっと活かせるところに血税を使って欲しいですね。

 経営コンサルタントが目をつけるべきポイントの一つに、眠っている知的資産の活用があります。大学や大企業、ときには中小企業で眠っている特許やノウハウはたくさんあります。それらを揺り起こすだけでもコンサルティング業務はたくさん見つかります。

■■ ブログ「経営コンサルタントへの道」 ←クリック

 これから経営コンサルタント資格取得を目指す人、すでに経営コンサルタントとして活躍している人に特化したブログ紹介と読み方




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。