2012年03月13日

■■景気動向に動き 【経営のカンどころ】 3月13日(火)

■■景気動向に動き 【経営のカンどころ】 3月13日(火)

【今日の視点】  

 中国では、経済成長の減速傾向の懸念から中国人民銀行は金利引き下げを示唆しています。ヨーロッパの信用不安などの影響で輸出の低迷が続いていることを懸念しての判断でしょう。

 そのヨーロッパでは、ギリシャへの追加支援として13兆円の融資が承認される見通しです。

 ユーロ安が続いたためにドイツの自動車業界が好調で最高益が出るなどの効果が出ています。

 一人負けの日本も円安で明るさが見え始めたという経団連の見方もできています。円高効果として旭化成によるアメリカの医療関連企業の買収も進んでおり、円高を上手に利用した日本企業は回復または将来の成長が期待できそうです。

【今日は何の日】 青函トンネル開業記念日

   ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■■【助成金・補助金・各種支援情報】

◆ 中小企業施策総覧無料ダウンロード ←クリック

 中小企業庁では、東日本大震災に係る支援策を含め、中小企業施策を網羅した「中小企業施策総覧」を編集(発行は(財)中小企業総合研究機構)しました。「中小企業施策総覧」は書店でも購入できますが、無料ダウンロードできますのでご利用ください。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。