2012年03月21日

■■自動車メーカーの東南アジア戦略【カンどころ】3月21日

■■自動車メーカーの東南アジア戦略 【経営のカンどころ】 3月21日(水)

【今日の視点】 

 日本の自動車メーカー各社が、東南アジアでの生産強化を相次いで発表しています。

 三菱は、タイで小型エコカーである「ミラージュ」を年間10万台生産すると発表。日産のゴーン社長は、インドネシアで25万台の生産を目指すと、東南アジア最大の自動車市場になるであろうインドネシア強化を発表しました。

 インドネシアは、国産車育成をすすめてきましたが、外国資本を受け入れ、成長を加速させる制作に切り替えました。日産は、それに応えるように「ダットサン」というブランドを復活させ、低価格車に力を入れるようです。

 ダットサンは、日本だけではなくアメリカでも知られていましたが、その世代がまだインドネシアに残っている中でのブランド戦略のようです。

【今日は何の日】 国際人種差別撤廃デー

  今日は何の日 ←クリック

  今日は何の日トップページ ←クリック

■■ 経営のためのコンサルタントの選び方 ←クリック

 何万人ものコンサルタントの中から最適な先生を探すのは至難の業です。その様な経営者・管理職の悩みに少しでもお役に立てればと言う気持ちでまとめてみました。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。