2012年04月06日

■■【経営のヒント】  思い切ったIBMの変革

■■【経営のヒント】  思い切ったIBMの変革

 

 中国企業であるレノボにパソコン部門をそっくり売り渡すという劇的な戦略を打ったIBMは、一体どうなるのだろう、とその当時思った人が多いと思います。若言う私もその一人といえます。

 

 今日主流のWindowsOSは、DOSという基本OSの上で開発されましたが、パソコンの世界標準と言われる今日のDOS/V機は、IBMが商品化したことは忘れかけられています。日本語仕様のNECのPC98シリーズ等は、日本独自のガラパゴス製品の先駆者的な存在でした。日本市場をほぼ席巻していたともいえるNECでしたが、結局世界標準のDOS/V機には勝てず、今日に至っています。

続き> ←クリック


■■ 経営コンサルタントもブランドの時代 ←クリック

 すでに経営コンサルタントとして独立起業しているが、なかなかうまくいかない人のためのブランディングサービスを提供しています。




同じカテゴリー(経営のカンどころ)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。