2012年05月05日

■■【今日の写真】 方広寺の大仏

■■【今日の写真】 方広寺の大仏

 

 「国家安康・君臣豊楽」の文字のある著名な同寺「梵鐘」で知られる方広寺です。


 全高約19mあったという木製大仏ですが、初代大仏殿の規模は現在も不明です。

 慶長元年(1596)伏見大地震のため大仏は倒壊。秀吉は「うぬは、京の町を守るを忘れ、まっ先に倒れるとは、慌て者が!」 と弓矢を打ちつけたという逸話が残っております。

 慶長9年頃、放火により炎上したあと、豊臣秀頼が再興しました。

 現在は本殿から東、少々離れたところに『大仏殿跡緑地公園』としてその名を残しています。


























  大仏用土台石組み


  <続き> ←クリック




同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。