2012年06月20日

■■【今日の写真】京都 大徳寺 三門(重要文化財)

■■【今日の写真】京都 大徳寺 三門(重要文化財)

 応仁の乱後、一休禅師の参徒連歌師宗長等が一階部分を寄進、のち千利休居士により二階部分が設けられ金毛閣と名づけられた。

 山門とは、龍宝山の門、三門とは、三解脱門(空門・無相門・無作門)のこと。一端、山門をくぐり境内に入る者は、金毛の獅子となって下化衆生せんことを。 <サイトより>

 勅使門のすぐ北側にあります。勅使門が落ち着いた風合いを持っているので、三門は明るく見えます。

  写真 ←クリック

大徳寺地図


【その他】

総門
勅使門
三門
仏殿
法堂
大仙院
黄梅院
芳春院
龍源院
高桐院





同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。