2012年06月20日

■■【経営コンサルタントのトンボの目】 同窓会の案内状が来た

■■【経営コンサルタントのトンボの目】 同窓会の案内状が来た

  経営コンサルタント事務所 

  B・M・S・21代表 山本 修

  日本経営士協会 理事 関西支部長

 山本先生は、美容サロンを独立開業され、その経験を元にサロン経営者に「商品管理」「顧客管理」「計数管理」を提案し、サロン経営の生産性向上に成果を上げてこられました。近年は中小企業のコンサルタントとしてもご活躍中です。

 また「日本経営士協会 関西支部長」として活躍されておられます。

 筆者詳細情報 http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/0060.htm

■ 「同窓会の案内状が来た」

 読者の皆様は同窓会に出席していますか。

 筆者は、中学校卒業後15年経った12月のある日、中学時代の同級生に出会った。懐かしく中学時代の話が弾み、その中で一度皆で集まりたいなという話になり、地元に住む何人かに声を掛けると、是非にという声が多かった。急遽、所在の判明する限りにおいて案内を出したところ、和歌山県新宮市立「光洋中学校」95名の卒業生中26名の参加があり、翌年1月5日に地元で開催することが出来た。 

 その後2年に一度の割で、会の名称を「すえひろ会」として、会長に就任し開催してきた。

 一番の思い出は、日帰りであった開催だが、県外に出ている人達のことを考えて一泊での開催希望が多くなり、またずっと地元で開催されていた会を大阪地区でとの希望もあり、初めて大阪箕面市の「箕面観光ホテル」で開催した。翌日宝塚歌劇を観劇して、地元に帰る皆を送り返したその翌日の早朝、「阪神大震災」が襲い、当日で無くてよかったと安堵したことである。しかし、その震災で神戸在住の会員の一人が亡くなったことは残念の一語に尽きる。

 その後、「還暦」のときには「伊勢神宮参拝」を兼ねて伊勢市で開催し、参加者全員の健勝を祈願したことも思い出深く心に残る会であった。

 それを期に会長職を引き、新しい会長に委ねて地元にて開催を続けてきたことも思い出深い。

 しかしながら、多い時には50名余もあった参加者も年々減少し、幹事を務める人も大変との理由で、昨年5月の開催を最後に解散されることになった。もう再び一堂に会することもないものと、寂しく感じているのは筆者一人ではないだろうと思っていた矢先、有志による企画で「第二すえひろ会」として復活の案内状が届いたのである。勿論、早速その日のうちに参加の返事を出したことは言うまでもない。 

 開催日当日の4月15日、和歌山県白浜温泉はあいにく小雨の降る日であったが25名の参加があり、1年ぶりに顔を合わせた仲間同士が中学時代に戻って楽しい二日間を過ごし、またの開催を楽しみに別れを惜しんでいたことが印象的であった。

 

■ 「最近の同窓会ビジネスの盛況」

 宴会ビジネスをよく知る知人に聞くと、大阪市内のホテルでも最近同窓会はブームで、傾向としては40代~50代の同窓会が多いとのことである。

 そして大阪では、5年くらい前から同窓会専門の宴会場が出来たり、市内のホテルでも「同窓会プラン」が売上を伸ばしているとのことである。また会場予約は勿論、案内状の送付から出欠の確認、当日の受付から司会、記念撮影まで、幹事役の全てを代行する「同窓会ビジネス」も盛況とのことである。

 同窓会というのは「地域コミュニテイ─」の延長線上にあり、地元の運動会や祭りに参加している感がある。同じ校章による、同じ校舎による、同窓会的な集まりなのではないかと思われる。

 読者の皆様も同窓会には進んで参加し、学生時代に帰ってみてはいかがでしょうか。

■■ 経営コンサルタントの独り言 クリック

 経営コンサルタントの視点から、経営や人生のヒントになりそうなことやブログの中から選りすぐった文章を掲載しています。

それを実現するには、簡単に、短期間に出版できる方法があります。




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。