2012年07月19日

■■会社組織設立時の税金と社会保険 経営・独立起業のQ&A

■■会社組織設立時の税金と社会保険 経営・独立起業に関するQ&A サラリーマンをしながらの独立起業


 これから起業をしたい人、起業をしたけれども経営がなかなか軌道に乗らない人、それが一般企業であっても、経営コンサルタントなど士業であっても、悩みは類似していますし、解決策も類似して、応用が利きます。

 ここでは、イレギュラーな発行となりますが、当ブログで質問に対して、独断と偏見で回答して参ります。参考にしていただければ幸いです。

 【 注 】一部重複掲載することがあります。


【質問】会社組織設立時の税金と社会保険


 独立起業を考えていますが、会社設立時における税金はどうなっているのでしょうか?サラリーマン時代はあまり気にならなかった社会保険ですが、こちらはどのように考えたら良いのでしょうか?


【回答】


 非常に重要な問題です。幸い2006年の会社法により、起業家には嬉しい情報があります。一方で、手続きを怠ると追加徴税があるので注意しましょう。


1)税金に関する届出


 会社を設立したら、税務署、都道府県の税事務所、市区町村役所の3ヶ所に必ず開設届を提出しましょう。


2)社会・労働保険の加入手続き


 従業員を雇う場合には、社会保険と労働保険への加入手続きをします。人数にかかわらず従業員を雇用している会社組織は、原則としてこれらの保険に加入しなくてはなりません。


 幸いJ-NET21 に詳細な説明があるので、そちらを参照してください。


■■ しりとく経営情報  クリック

 経営のヒントが見つかるかも知れません















同じカテゴリー(独立起業支援)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。