2012年07月09日

■■【今週の注目】 内閣府景気ウォッチャー調査発表

■■【今週の注目】ポイントを掴むと視える 7月9日 内閣府景気ウォッチャー調査発表

 日銀が発表した短観(企業短期経済観測調査)によると、3期連続でマイナスにとどまりました。堅調な個人消費などに支えられ、改善したものの、ヨーロッパの信用不安や厳しい円高が続いた影響が響いているようです。

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視る」ようになります。  今週の動きを、日経サイト他を見ながら、独断と偏見で項目を選んでみました。 詳細 ←クリック

■ 7月9日(月) 5月の機械受注統計(内閣府)、国際収支(財務省)、特定サービス産業動態統計速報(経産省) 6月の景気ウオッチャー調査(内閣府)、米倉経団連会長記者会見 ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の欧州議会委員会での金融政策説明 6月の中国消費者物価指数(CPI) 5月のユーロ圏失業率(18:00)  6月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数


追加情報 ←クリック




同じカテゴリー(時代の読み方05)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。