2012年08月04日

■■日本最長の吊り橋【今日は何の日】(日記) 8月4日(土)

■■日本最長の吊り橋 【今日は何の日】(日記) 8月4日(土)


■ 箸の日


 

 8月4日は「は(8)し(4)」から、何の日であるかは想像できるのではないでしょうか。


 

 グルメの人なら「箸の日」を連想し、旅好きの人は「橋の日」を連想するかも知れません。


 

 前者の「箸の日」は、1975(昭和50)年に「箸を正しく使おう」ということをアッピールするために、わりばし組合が制定しました。


 

 東京の千代田区にある日枝神社では、箸供養祭に、長さ1mの大きな箸を親善に供えます。その日は、古い箸を焼いて供養してくれるので、たくさんの人が箸を持って参拝します。



 

■ 橋の日

 一方の「橋の日」は、1986(昭和61)年に制定されました。これに併せて奈良県の十津川村は、「吊り橋の日」として制定しました。


 

 ご存知の方も多いと思いますが、日本最長の鉄線式吊り橋である谷瀬の吊り橋を始め、村内に約60か所の吊り橋があります。「谷瀬」は「たにせ」と読むことを、現地を訪問するまで知らず、大恥をかくところでした。


 

 橋の幅は2m位でしょうか、2枚の板が敷かれているのですが、その間から数十メートル下の川が見えるのです。足がすくんでしまいまいましたが、妻が袂で見ているので、丹田に力を入れて渡りました。それでも揺れるので怖かったです。地元の人は、自転車を引きながら平気な顔をして歩いているのです


 

■ 【今日は何の日】その他

◇ 京都北野天満宮例祭
◇ 粉河寺千日詣り
◇ 広島厳島神社管絃(かんげん)祭



同じカテゴリー(【今日は何の日】)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。