2012年07月31日

■■【今週の注目 火】ポイントを掴むと視える 

■■【今週の注目 火】ポイントを掴むと視える 鉱工業生産指数

 6月の第2四半期末の結果を受けて、アメリカの重要指標が発表されます。

 経済産業省は、これまで「持ち直しの動きで推移している」としてきた企業の生産活動について「横ばい傾向にある」と、基調判断を9か月ぶりに下方修正しました。

 6月の鉱工業生産指数は、平成17年を100とした指数で92.1と、対前月比0.1ポイントのマイナスとなりました。これで3か月連続で前の月を下回ることになり、製造業に警戒感が強まってきています。

 経済産業省では、今後の見通しにつて、年末商戦向けのパソコンやスマートフォン用の電子部品の生産などでプラス要因があると発表しています。

 しかし、信用不安の続くヨーロッパなど海外向けを中心に生産の伸び悩みは必定でしょう。


【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なる 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視る」ようになります。  今週の動きを、NHKや日経サイト他を見ながら、独断と偏見で項目を選んでみました。 詳細 ←クリック

30日(月)  6月の鉱工業生産指数速報(経産省) 6月と1~6月の自動車生産・輸出実績 7月上旬の貿易統計(財務省) イタリア国債入札(中長期債)31日(火) 6月の有効求人倍率、毎月勤労統計速報(厚労省) 6月の完全失業率、家計調査(総務省) 2002年1~6月開催の金融政策決定会合議事録、2年物国債〔8月債〕入札(日銀)  アメリカ:6月の個人所得・個人消費支出(PCE)、4~6月期の雇用コスト指数、7月のシカゴ購買部協会景気指数、7月の消費者信頼感指数


追加情報 ←クリック

■■【経営コンサルタント道場】 経営コンサルタントの独り言 

 「経営コンサルタントって、平素どんなことを考えているのですか?」という質問を受けたことがあります。

 「経営コンサルタントも人の子ですから、皆さんと大して変わりませんよ。ただ、好奇心が人一倍強いので、見えるものが多少異なっているかも知れません」とお答えすることが多いです。

 その経営コンサルタントが、平素どのようなことを考えているのか、その一端を私どものウェブサイトで紹介しています。

  プロコンサルタントの勉強法

  経営コンサルタントへの道

  経営コンサルタントと学歴

  経営コンサルタントになる別な道

  カリスマ経営者

  社員研修担当者が犯しがちな誤り

  官公庁や商工会議所様の講師選択

  日本の簿記の発展

  経営コンサルタントの話のツマ

  経営コンサルタントのドメイン

  メーリングリストとコンサルタント

  コンサルタントの仕事の見つけ方

  マインドマップによる発想法

  経営コンサルタントFacebook

  エシカルコンシューマリズム

  官公庁他のコンサルタント選び

  アリストテレスと論理思考

  コンサルティング・フィーは高いか?

  特許流通でビジネスチャンス

  意に添わないクライアントとの契約

  開物成務

  その他

 経営コンサルタントの独り言 詳細 ←クリック




同じカテゴリー(時代の読み方05)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。