2012年08月14日

■■【経営コンサルタントの独り言】  里山利用とコケ緑化

■■【経営コンサルタントの独り言】 里山利用とコケ緑化

 私どもの7月5日付メルマガで紹介されている「コケ緑化システム」は、コケの栽培に中山間地の耕作放棄農地を活用し、これにより荒れ放題だった里地里山を復活させ、地元の中高齢者雇用にも唾がるという。

固定買い取り制度が始まりバイオマス発電については方式別に細かく買取価格が設定されました。

これからは戦後に植林され、手入れが行き届かなかった森林、里山の維持・管理が、バイオマス発電等を通して採算ベースに載せられる可能性が出てきました。安く外材をかき集めてきた時代から、国産材の有効活用を通して、森林、里山の維持・管理をする時代です。「コケ緑化システム」もその一環ですね。

   

暑さと共にやってきたオリンピックも後半戦に入りました。4年間ひたむきに努力を積み重ねてきた選手達の姿は、勝ち負けを超えて感動を誘いますが、やはり日本選手がメダルを取ると嬉しくなります。頑張れ日本。

【筆者】 石原 和憲 先生
  新環境経営研究所所長
  日本経営士協会登録経営士、横浜経営支援センター センター長

  筆者詳細情報 クリック 

 私どもの7月5日付メルマガで紹介されている「コケ緑化システム」は、コケの栽培に中山間地の耕作放棄農地を活用し、これにより荒れ放題だった里地里山を復活させ、地元の中高齢者雇用にも唾がるという。




同じカテゴリー(経営コンサルタントの独り言)の記事

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。