2012年11月09日

■■【日刊経営マガジン 金】 コンサルタント歴35年の独り言

■■【日刊経営マガジン 金】 経営コンサルタント歴35年の独り言

 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けします。

 

今 日 は 何 の 日  一年365日、毎日が何かの日です。 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
 今月の【今日は何の日】  【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます

■ 太陽暦採用記念日 2012/11/09

 11月9日は太陽暦採用記念日です。1872年に月の満ち欠けを基準にした太陰暦から変わったと言います。

 わずか140年強前までは日本では太陰暦を使っていたことになります。なんとなく奇異感を持つのは私だけでしょうか。

 明治5年のことと言いますから・・・・・<続き

今 日 の 出 来 事

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる
 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。
 今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また
、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。


11月5日(月)
政府:前原経財相記者会見
民間:10月景気動向調査
メキシコ:20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議
アメリカ: 10月サプライマネジメント協会(ISM)非製造業景況感指数
ラオス:アジア欧州会議(ASEM)首脳会議


6日(火)
内閣府:9月景気動向指数速報値
財務省:10月個人向け復興国債の応募額
民間:10月車名別新車販売・軽自動車販売
アメリカ:大統領選挙


7日(水)
財務省:10月末外貨準備高、財政制度等審議会
アメリカ:9月消費者信用残高
ユーロ:9月ユーロ圏小売売上高


8日(木)
内閣府:9月機械受注統計、10月景気ウオッチャー調査・・・機械受注2か月連続減少
財務省:9月と4~9月国際収支、10月上中旬貿易統計・・・経常黒字は68.7%減って、2か月ぶりに減少
日銀:10月貸出・資金吸収動向
民間:11月ESPフォーキャスト調査(日本経済研究センター)
アメリカ:9月の米貿易収支
EU: 欧州中央銀行(ECB)理事会、ドラギECB総裁記者会見・・・マイナス0.4%と3年ぶりにマイナス
イギリス:中銀金融政策委員会


9日(金)
内閣府:10月消費動向調査
日銀:10月マネーストック
アメリカ:10月輸出入物価指数、 11月消費者態度指数
中国:10月消費者物価指数・卸売物価指数・工業生産高・小売売上高

今 日 の 独 善 解 説
【経営コンサルタントの独り言】 
 独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

◆ ユーロ圏はゼロ成長の見通し 2012/11/09

 オバマ大統領の当選で「財政の崖」が一歩近づいた感がすることから、ダウが一時360ドルも下落したと伝えられました。支持者に「やるべき仕事はたくさんある」とメールしたオバマ大統領の難問は山積しています。

 一方、EU(ヨーロッパ連合)の状況は、はかばかしい回復もなく年末に入るのでしょうか。

 ユーロ圏のGDP(域内総生産)は、実質でマイナス0.4%と3年ぶりにマイナス成長に落ち込みました。来年の見通しも明るくはなく、「ほぼゼロ成長」という厳しい見通しをせざるを得ません。

 ユーロ圏経済の牽引役のドイツでも、来年はプラス0.8%の低い成長率にとどまると予測されています。

 ユーロ圏の失業率についても、経済成長の減速に伴って、来年は11.8%まで悪化するという、背筋が寒くなるような予想が出ています。

 信用不安を早期に払拭して、グローバル経済回復に弾みを付けて欲しいです。



 10月下旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
 10月中旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
◇ 10月上旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
◇ 9月後半の世界動向を時系列で見る
 ←クリック

経 営 情 報
◆2,102機関を経営革新等支援機関として認定しました
 ~中小企業経営力強化支援法に基づく第1号認定~


 中小企業庁では、本年8月30日に施行された「中小企業経営力強化支援法」に
基づき、2,102機関を「経営革新等支援機関」として認定しました。

 5日(月)に行われた認定式では、認定機関の代表13機関に対して枝野経済産業
大臣、前川内閣府副大臣から認定証が授与されました。

 詳しくは、以下サイトをご覧ください。

 http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/2012/1105nintei.htm

◆規模別製造工業生産指数(9月分速報)を公表しました

 詳しくは、以下サイトをご覧ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/kibobetu/index.htm

◆「経済団体等との中小企業政策に関する意見交換会」を開催します

 東日本大震災や円高など中小企業をとりまく環境は依然厳しい状況にあります。このような中で、中小・小規模企業が、潜在力・底力を発揮することが国民的課題となっております。

 このため、経済産業省では幹部が都道府県を訪問し、中小企業施策への理解を深めていただくことを目的とし、中小企業金融円滑化法や最新の政策を説明する場を設け、地元中小企業や関係団体の代表者との意見交換会を開催します。

[日 時]11月12日(月)15:00~17:00
[場 所]アバローム紀の国(和歌山県和歌山市)
[参加費]無料 [定 員]150名(申込が定員に達し次第、受付終了)

詳しくは、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.kansai.meti.go.jp/2chuusyou/121112_ikenkoukankai.htm


  出典: e-中小企業ネットマガジン


■横浜経営支援センター ――――■

 新規事業展開のための事業計画作成(実践編)


【講師】 経営士  山本 雅暁 氏
     http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/2033.htm?s

■概 要

 現在の日本は、明治維新以来初めての事態に遭遇しています。人口減少です。人口減少が与える経済への影響は、市場の縮小です。 この市場縮小下、企業、特に中小企業が売上・利益を確保していくためには、他社と同じことをやっていては勝ち残れません。 本セミナーでは、企業が縮小していく市場で勝ち残っていくための考え方とやり方について、事業計画作成の視点から学んでもらいます。 事業計画は、企業が事業を行う時の指針と行動計画のもとになります。特に新規事業立上の観点からの事業計画作成を理解・体験して頂けます。 担当講師は、多くの中小企業の新事業立上を支援してきた実践的実力派。自らの失敗経験や数々の事例を交えながら、新規事業立上の成功のキモと実行のポイントを伝授します。

■ 対 象
本セミナーは、以下のような方に最適です。
・中小企業の経営者で新規事業立上を行いたい方
・中小企業の経営者で差異化により新規市場開拓を行いたい方
・経営企画担当の方でしっかりとした事業計画を立てたい方
・営業担当の方でしっかりとしたマーケティング企画・提案を立てたい方
・起業のための事業計画を立てたい方

■ カリキュラム

1.事業計画の目的・必要性、内容及びフォームについて理解
 事業計画の目的と必要性
 何故差異化・新規性が必要か
 事業計画の内容
 事業計画のフォームと各項目のポイント説明

2.差異化・新規性の出し方について理解・体験
 差異化・新規性の出し方と仮説作成
 差異化・新規性の事例
 差異化・新規性の出し方・仮説作成の体験
 差異化・新規性の仮設⇒検証サイクル

3.Q&A

◆ セミナー終了後、無料経営相談会を行います。

当日講師および横浜経営支援センターの講師陣がご対応いたします。
ご希望の方は予め相談内容をお寄せ下さい。尚、当日の受け付けも致します。

■日 時:平成24年11月10日(日) 13:00~16:00
             (無料相談会 16:10~16:40)

■会 場:横浜市技能文化会館 801視聴覚研修室
>> http://gibun.jp/gibun/index.html

■受講料:一般 3,000円(当日受付にて)
     会員 1,000円(当日受付にて)

■定 員:30人

■問合せ:日本経営士協会 横浜経営支援センター
>> http://www.jmca.or.jp/msc/yokohama/contact

●詳細情報・受講申込み
>> http://www.jmca.or.jp/msc/yokohama/news/semi/20121110.html

■■中小企業診断士と経営士の違い 【経営コンサルタント道場】


 「中小企業診断士と経営士は、どのように違うのでしょうか?」という質問をよく受けます。

 どちらも経営コンサルタントの資格であることは共通しているのですが、細かく見てゆくと異なるところが結構あります。

 この違いを理解するには、歴史を振り返ってみることが正しい理解に繋がると考えます。


  中小企業診断士と経営士の違い ←クリック





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。