2012年10月17日

■■経営コンサルタント独立起業 5つの要諦 第8回

■■経営コンサルタント独立起業 5つの要諦 第8回



3 経営士・コンサルタント事業ドメインを明確にして差異化を図る

3-1 経営コンサルタント業界の競争は厳しい


 独立起業までのスケジュールを明確にします。その中でも重要なのは、どのような企業にするのか、事業領域・ドメインを明確にすることは重要です。


 日本のコンサルタント業界の市場規模は3,000億円といわれています。1兆円産業になると成長産業といわれますが、まだまだの市場規模です。一方で、日本の市場規模は、全世界の市場規模の1.5%程度にしかすぎません。世界におけるGDP比率は日本は10%暗いですから、見方を変えるとまだまだ成長し切れていない産業と見ることもできます。それは、これから期待できる市場でもあります。


 コンサルタントと呼ばれる人が5万人とか言われますが、一方で、経営士・コンサルタントで生計を立てることができる人は数%ともいわれています。簡単にクライアントが見つかるほど甘い世界ではありません。非常に厳しい業界ですので、安易な気持ちで参入されることは経営士・コンサルタントとして独立起業することを辞めた方が良いと考えています。

「定年退職後は、コンサルティングでもして社会貢献でもしよう」とお考えの方も結構いますが、「経費くらい出してもらえれば無報酬でも良いです」と言っても「ではお願いします」という企業がどれほどあるでしょうか。コンサルティングというのは、企業側にすれば裸になるわけですので、無報酬だからと言っておいそれと引き受けていられないのです。


次号「3-2 厳しい業界で勝ち残るには」に続きますのでお楽しみにしてください。

 





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。