2012年10月26日

■■【日刊経営マガジン 金】 原子力の日 10/26

■■【日刊経営マガジン 金】 10/26

 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けします。

 

今 日 は 何 の 日  一年365日、毎日が何かの日です。 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
 今月の【今日は何の日】  【今日は何の日】のダイジェストを月単位で閲覧できます

原子力の日 2012/10/26

 10月26日は「原子力の日」で、日本政府が1964(昭和39)年に制定しました。
 1963(昭和38)年に、茨城県東海村に日本で最初の原子力発電が行われました。当時は、原子力発電の怖さについては隠蔽され、記念切手まで発行されました。

 広島の原子爆弾の話を聞いたりしていたので、子供心に、原子力発電に危険性はないのか心配で、親に尋ねたことがありました。

 この日は・・・・・<続き

今 日 の 出 来 事

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる
 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。
 今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また
、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。


10月22日(月)
財務省:9月と2012年度上半期の貿易統計
日銀:10月の主要銀行貸し出し動向アンケート調査・地域経済報告、支店長会議、白川総裁あいさつ・・・景気は横ばい圏内
民間:9月民生用電子機器国内出荷実績・全国スーパー売上高・全国百貨店売上高、米倉経団連会長記者会見
9月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)

23日(火)
アメリカ:2年物国債入札
カナダ:中銀が政策金利発表


24日(水)
アメリカ: 9月新築住宅販売件数、5年物国債入札、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表
ドイツ:10月の独Ifo企業景況感指数
中国:10月製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値

25日(木)
日銀:9月企業向けサービス価格指数
アメリカ: 9月耐久財受注額・仮契約住宅販売指数、7年物国債入札
ニュージーランド:中銀政策金利発表

26日(金)
総務省:9月全国・10月の都区部消費者物価指数(CPI)
アメリカ: 7~9月期のGDP速報値、10月消費者態度指数確報値
韓国:7~9月期GDP速報値


今 日 の 独 善 解 説
【経営コンサルタントの独り言】 
 独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

◆ 景気は緩やかに拡大がFRBの見方 2012/10/26

 アメリカは金融政策を決める公開市場委員会を開きました。中央銀行に当たるFRB(連邦準備制度理事会)は、景気は緩やかに拡大しているという、これまでの判断を変更しませんでした。

 当面、これまでとってきた金融政策を維持することで景気回復支援をしていく方針です。

 今の金融政策を維持して事実上のゼロ金利政策を少なくとも2015年半ばまで続けるという意思表示です。

 雇用の伸びは遅く、失業率はなお高止まりしていますし、ガソリン価格の値上がりで物価がやや上昇しているので企業の設備投資が減速しています。

 今月26日に発表される7~9月のGDP(国内総生産)や、今後の雇用統計などを注視する必要があります。


◆ 中韓を睨んで日ロ協議始まる 2012/10/25

 尖閣や竹島問題で冷えている中韓関係の中、艦船や国会議員を派遣して嫌がらせが続いています。

 その様なときですが、12月に予定される野田総理のロシア訪問に向けた準備という側面が強いものの、日本とロシアの間では次官級協議をはじめとした対話が始まっています。

 日ロが正常な協議を始めたということに意味があると考えます。すでに日ロ次官級協議では合意文書に領土問題を盛り込むかどうかなどを含め詳しく話し合われました。

 12月に野田総理の訪ロが実現すれば、来年にはプーチン大統領の訪日にも繋がるでしょう。

 しかし、野田総理がそれまで持つかどうか、国内問題も絡んでいます。

 例え自民党政権になっても、安倍総裁が総理の時に日ロ関係に積極的であったことを考えると、この動きは変わらないと思います。


 10月中旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
◇ 10月上旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
◇ 9月後半の世界動向を時系列で見る
 ←クリック

経 営 情 報
◆インドへのBOPビジネス・ミッションを派遣します

 ジェトロでは、「BOPビジネス」をテーマとして、インドにおいて日本製品の「サンプリング・モニタリング」を実施し、当該製品に対するBOP層/ボリュームゾーンの評価や要改善点の把握を通じ、商品開発に係る情報収集機会を提供するミッションを派遣します。また「営業体験」 や「流通卸企業等の視察・交流」を通して、インド国内の流通情報も入手できます。

[派遣期間]12月1日(土)~7日(金)
[派 遣 地]インド(チェンナイ・ニューデリー)
[参 加 費]146,513円(エコノミークラス)
[定  員]20名(先着順:1社につき2名まで)

 http://www.jetro.go.jp/events/mission/20120927698-event

◆海外販路開拓に向けた展示会活用法を解説するバーチャルセミナーを開講しています

 中小機構では、海外への販路開拓に意欲的に取り組む中小企業の皆様の参考になるよう、展示会を活用した販路開拓のポイントについて、WEB上でのバーチャルセミナーを開講しています。

 http://www.smrj.go.jp/keiei/kokusai/virtual/index.html

◆中国における通関の状況をお伝えしています

 ジェトロでは、在中国事務所を通じて収集した中国における通関の状況を公開しています。

 http://www.jetro.go.jp/world/asia/cn/custom/


  出典: e-中小企業ネットマガジン


■名古屋:日本経営士協会財務会計初級講習会 ―――■

 経営コンサルタントのための決算書の読み方・使い方
 
 【講師】 経営士・税理士  谷澤 佳彦 氏(日本経営士協会 理事)
      http://www.jmca.or.jp/meibo/pd/1065.htm?s

■講習趣旨

 経営士(コンサルタントは、誰もが経営コンサルティングでは自身の専門分野を持っています。しかし、財務系のコンサルタントを除き、財務・経理知識は皆無という人も多くいます。経営士の企業関与の目的は、関与先の業績向上です。関与当初の状況を数字から確認できるものは決算書、業績向上結果を確認できるものも決算書です。

 この決算書を読めずして企業の経営指導が出来るでしょうか?当講習会は、経営士・コンサルタントにとって必要不可欠な決算書に関する財務知識の修得を目指して、以下の内容について講義致します。

1.決算書概略解説:簿記会計の知識がないことを前提に、決算書とは何か? なぜ必要なのか?を説明します

2.貸借対照表解説:流動資産、固定資産及び繰延資産、負債の部及び純資産の部など貸借対照表の読み方

3.損益計算書解説:損益計算書の読み方を分り易く説明致します

4.キャッシュフロー計算書解説:キャッシュフロー計算書の読み方を分り易く説明致します。

■日 時:平成24年10月27日(土) 9:15~16:45

■対 象

◇決算書の基本を学びたい意欲のある一般の方および当協会の会員の方

◇当協会の会員で、下記の方は受講が必須となります。

 ・新規に入会した一般会員及び資格会員の方
 ・会員歴5年未満の会員の方
 ・新規昇格会員の方

※来年は東京、大阪で開講を予定しています。

 遠方で受講できない方はレポート提出で受講とみなす制度もあります。
 詳細は事務局にお問合せ下さい。

■会 場:株式会社Jパートナー会議室
>> http://www.j-partner.com/kaisha/index.html#acc

■受講料:振込先はお申込み確認後に各自にご連絡致します。

会員外  3,000円 (前納振込)
会員   2,000円 (前納振込)

■問合せ:日本経営士協会 事務局
>> http://www.jmca.or.jp/toiawase/

●詳細情報・受講申込み
http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-zai_s20121027_nagoya.htm

経営コンサルタント独立起業の必読書
 経営コンサルタントを目指す人の大半が、いろいろな疑問を抱えているのではないでしょうか。 これ一冊で、あなたの新しい道が拓けるでしょう。   定価 1,000円(税・送料込み) A5判 60ページ
詳細 お申し込み
経営コンサルタントへの道 ←クリック

経営コンサルタントを目指す人の
60%以上
が、覧るWebサイト


■■【一口情報】解りづらい経済や経営の情報をコンパクトに  

 経営者の多くが、「世間の景気が悪いから、うちの売上も全然上がらない」とぼやきたくなる昨今ですね。

 でも、世の中にはたくさんの元気な会社があります。私どものブログでご紹介している「元気な会社・成功企業」のコーナーは、派手さはないですが根強い人気があります。

 それらの会社に共通していることは、時代をつぶさに見て、先を読み、自社の経営資源を比べてじっくりと取り組むという姿勢です。

 日々のニュースを漠然と見ていると期が使いのですが、彼らはそれを「自分の会社」という視点で見ています。その中からヒントというよりは「ひらめき」をもって、実現するにはどうすべきかを考えているのです。

 その視点のすばらしさは、私たち経営コンサルタントでもたじたじに思うことが多いのです。

 その様な利用をしやすいように、キーワード重視で、時系列的に時代を観る、そのコンセプトの情報をご提供しています。・・・・・MORE ←クリック





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。