2012年11月15日

■■【日刊経営マガジン 木】 思いで懐かしい七五三

■■【日刊経営マガジン 木】 思いで懐かしい七五三

 経営コンサルタント歴35年の経験から、

  ◇ 経営者・管理職の皆様
  ◇ 経営コンサルタントを目指す人
  ◇ プロの経営コンサルタント

の皆様に、時宜に即した情報を毎日お届けします。

 

今 日 は 何 の 日  一年365日、毎日が何かの日です。 季節を表す日もあります。地方地方の伝統的な行事やお祭りなどもあります。誰かの誕生日かも知れません。歴史上の出来事もあります。セミナーや展示会もあります。 これらをキーワードとして、私たちは自分の人生に、自分の仕事に、自分自身を磨くために何かを考えてみるのも良いのではないでしょうか。  独断と偏見で、エッセー風に徒然のままに書いてみました。皆様のご参考にと毎日続けていこうと・・・というよりも、自分自身のために書いてゆきます。 詳細 ←クリック
今日は何の日インデックス  日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できます
 今月の【今日は何の日】  【今日は何の日】の今月分を月単位で閲覧できます

■ 七五三 2012/11/15

 七五三は、子供の頃の思い出として懐かしく思っている人も多いでしょう。子供さんのいらっしゃるご家庭では神社にお参りするとろこが多い、日本の伝統です。

 七五三は、男の子は三歳と五歳、女の子は七歳で、その成長を祝って行う儀式です。神社などにお参りして心身共に健康に育つことを祈願します。長寿の縁起ものである「千歳飴」を持って記念写真を撮ったり、赤飯を炊いたりしてお祝いをします。

 しかし、近年は
・・・・・<続き

今 日 の 出 来 事

【今週の注目】ポイントを掴むと見えるものが異なってくる
 漠然とものを見るのではなく、今何がポイントなのかを押さえてみると、それまで見えなかったものが「視える」ようになります。
 今週の動きを、NHKニュース、日経サイト他を参照して、独断と偏見で項目を選んでみました。また
、最新記事を時系列的に掲載している【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。


11月12日(月)
内閣府:7~9月期の国内総生産(GDP)・・・年率3期ぶりのマイナス成長
経産省:9月の第3次産業活動指数
財務省:財政制度等審議会・・・地方公務員の給与水準は国家公務員より高い
日銀:10月の企業物価指数、白川日銀総裁講演
民間:10月の中古車登録台数・工作機械受注額速報値、米倉経団連会長記者会見
ユーロ圏:財務相会合
インド:9月鉱工業生産指数

13日(火)
経産省:9月鉱工業生産指数確報
アメリカ:10月財政収支・・・財政の崖
欧州連合(EU):財務相理事会
ドイツ: 11月景気予測指数
イギリス:10月消費者物価指数(CPI)
イタリア:国債入札(短期債)

14日(水)
民間:佐久間地銀協会長記者会見
アメリカ:連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨、9月企業在庫、 10月小売売上高・卸売物価指数(PPI)
イギリス:中銀の四半期インフレ報告書
イタリア国債入札(中長期債)

15日(木)
民間:岡村日商会頭記者会見、佐藤全銀協会長記者会見、木村石油連盟会長記者会見
アメリカ:10月CPI、11月ニューヨーク・フィラデルフィア連銀景気指数、バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が講演
ユーロ圏:7~9月期GDP速報値

今 日 の 独 善 解 説
【経営コンサルタントの独り言】 
 独断と偏見で、その日のニュースや話題などを、タイミング良く、できるだけ公平公正にお伝えしたいと思います。また、最後に私なりの私見も付けることがあります。読者の皆様からは「わかりやすい」をお褒めの言葉をいただいています。最新記事を時系列的に掲載しているまとめて【独り言】コーナーも併せてご覧下さると一層ヒントを得られやすくなります。

◆ 脱原発の発電傾向が世界的に顕著 2012/11/15

 原子力発電所の稼働停止が続き、関西電力と九州電力が電気料金の値上げの検討を始めました。内閣府の消費者委員会は有識者による専門調査会を設置し、今後、値上げの申請があった場合には、消費者の立場から内容を検証することになりました

 原発停止でLNG(液化天然ガス)の輸入が急増しています。それも日本が最も高値で輸入しているのを受けて、経済産業省は、来年度中にLNGの先物市場の創設を目指すと発表しました。目論見通り上手に運営できて、価格の低下が実現できるのでしょうか?

 IEA(国際エネルギー機関)の世界のエネルギーの需給見通しに関する報告書を発表しました。

 日本やドイツなど、世界的にはまだ一部の国ではありますが、原子力の利用を控える動きが広がっています。

 原子力によって増える発電量予測を、2012年に発表した「70%の増加」という予測を、「58%」まで大幅に下方修正しました。

 原子力に代わるエネルギーとして期待される水力や風力、太陽光などの再生可能エネルギーが世界全体の発電量に占める割合は、2035年までに約3分の1まで増えると予測しています。

 IEAの今回の報告書では、「脱原発」の機運が高まっていることが改めて確認されました。

 アメリカでは、シェールオイル採掘量を増加することをオバマ大統領が先頭に立って旗を振っています。雇用や地域経済に大きな効果をもたらすとう副次的なメリットが期待できるからです。

 日本はLNG購入価格をまず下げる対策を早急に打ち、先進国では「世界一高い電気」の汚名を返上すべきです。



【今月の独善解説】 ←クリック

◇ 11月上旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
 10月下旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
 10月中旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
◇ 10月上旬の世界動向を時系列で見る ←クリック
◇ 9月後半の世界動向を時系列で見る
 ←クリック

経 営 情 報
◆ 国際化支援レポート「タイにおけるソーシャルビジネスとしての衛生管理の啓発と関連商品の販売展望」をホームページに掲載しました

 中小機構では、実務経験のある国際化支援アドバイザーの視点で、中小企業の海外展開に必要とされる実務情報を掲載しています。今回は「タイにおけるソーシャルビジネスとしての衛生管理の啓発と関連商品の販売展望」についてのレポートを掲載しました。
http://www.smrj.go.jp/keiei/kokurepo/kaigai/071248.html


  出典: e-中小企業ネットマガジン

■■ 公開セミナー 経営コンサルタントへの近道 コンサルティング技術初級講習会 信頼される経営コンサルタントになるには  【講師】  経営士  今井 信行 氏(日本経営士協会 理事長)        
■講習趣旨経営コンサルタントの資格を取ることも容易ではありませんが、独立起業して成功することはさらに困難を伴います。しかし、何ごとにも「押さえておくべきポイント」があり、これを掴むとスムーズに行くことがあります。経営コンサルタントを目指す方は、経営コンサルタント資格取得をするには、中小企業診断士か経営士か、それぞれどのような違いがあるのか、どのようにして資格取得ができるのかなどを知っておく必要があります。また資格を取得しても、独立企業して成功することはさらに困難が伴います。本講習会では、経営コンサルタントとして成功するための基本である「信頼される経営コンサルタントとは」等、経営コンサルタントとして成功するためのノウハウをご披露いたします。■日 時:平成24年11月17日(土) 13:15~16:45■対 象◇経営コンサルタントを目指す方、経営コンサルタントとして開業している方◇当協会の会員の方でコンサルタント技術を学びたい方◇当協会の会員で、下記の方は受講が必須となります。 ・新規に入会した一般会員及び資格会員の方 ・会員歴5年未満の会員の方 ・新規昇格会員の方■会 場:日本経営士協会 研修室     東京都文京区後楽2-3-10 白王ビル4F     http://www.jmca.or.jp/pdf/JMCA_Map.pdf■受講料:振込先はお申込み確認後に各自にご連絡致します。会員外  3,000円 (前納振込)会員   2,000円 (前納振込)【 注 】 ビジター様には講師著の「経営コンサルタントへの“秘密”の道」を謹呈致します。■問合せ日本経営士協会 事務局 http://www.jmca.or.jp/toiawase/詳細情報・受講申込み  ←クリック  http://info.jmca.or.jp/seminar/301/detail/kiso8-con_s20121117_tokyo.htm
経営コンサルタント独立起業の必読書
 経営コンサルタントを目指す人の大半が、いろいろな疑問を抱えているのではないでしょうか。 これ一冊で、あなたの新しい道が拓けるでしょう。   定価 1,000円(税・送料込み) A5判 60ページ
詳細 お申し込み
経営コンサルタントへの道 ←クリック

経営コンサルタントを目指す人の
60%以上
が、覧るWebサイト


■■【一口情報】 今日の情報をワンストップで 

【今日は何の日】【経営コンサルタントの独り言】など、その日のブログをワンストップで見ることができます。

季節の移ろいを見せる毎日ですし、毎日が変化の日です。今日の出来事は何なのかを起点に、経営の視点で物事を見て、徒然に自分の思いを記述した、エッセーとは異なる文章にまとめています。

毎日、【今日は何の日】の内容をコンパクトにご紹介し、ご興味のあった日の詳細はリンク先を見てください。

【今日は何の日インデックス】のリンクは、見たい日付を指定して【今日は何の日】を閲覧できルようにしました。

 【今月の今日は何の日】は、【今日は何の日】を月単位で閲覧できますし、その詳細のリンクも貼ってあります。・・・・・MORE ←クリック





※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。